Search

__________________________________________________________

ジェシカ クリスタル・チャイルド

このページは プロジェクト・キャメロットの出版原本からの翻訳です。



ジェシカ・ショーブ: クリスタルチャイルドが思いを語る

2008年12月アリゾナ州セドナ

        証言者インタビュー原稿 こ こをクリック


私たちがジェシカに会ったのは、2008年10月のオーストラリア、ネクサス会議でのことでした。彼女は私たちのプレゼンテーショ ンが終わる頃に涙目になっており、私たちとどうしても話をしなくてはならないと言いました。ある若いオーストラリア人が彼女自作のYouTubeのビデオ を見て、寛大にもバンクーバーからブリスベンまでの長旅を、個人的に資金援助してくれたと言うのです。私たちはこのことについて彼に敬意を表します。彼は それが自分のことだとわかるはずです。

私たちは、ジェシカにインタビューするのは興味深いことかも知れないと(しかもたくさんの人に役立つことだと)気づきました。彼女 が クリスタルチャイルドであるとわかった私たちは、私たちの証言者たちの一人に彼女を加えることに決めました。彼女は若くて非常に覚醒した世代の代表です。 しかも情報に精通し、世界のできごとに深く憂慮しており、私たち全てが直面している無数の問題を共に乗り越えるためには、人類がスピリチュアルな面で成長 する必要があることに気づいているのです。

この50分のビデオでは、ジェシカは彼女の個人的な魂の旅について、家族について、そして彼女が遭遇した、唖然とするような経験の いくつかについて、自由に、時に感情的に語っています。彼女の弱い点は、失読症と、数多く経験し知覚したことをまだ完全には自分のものとして統合していな いことです。彼女の強みは、心が開かれていること、そして彼女に耳を傾けようとする人全てにメッセージを伝えようとする決意です。彼女は自分を、新たな教 師でありメッセンジャーであると認識しており、恐らく彼女はその両方なのでしょう。

私たち皆と同じように、彼女も自分の旅においてはまだ長い道のりがあり、学ぶことが多くあります。でもそれだから私たちは皆ここに いるのであり、私たちの選択が、自分たちができる最高のこととしてお互いの助けになるのです。私たちは、彼女のメッセージを世界に示す手伝いができること を喜んでいます。





証言者インタビュー原稿へは、こ こをクリック

ジェシカのウェブ サイトと彼女へのコンタクトは、ここをクリック



**原稿は、デバイン・コスモス(Divine Cosmos)とプ ロジェクト・キャメロット(Project Camelot)原稿 チームのボランティアチームメンバーによって提供されました。この両サイトでご覧になるすべての原稿は過去数年間、原稿チームによって提供されてきたもの です。我々は蟻のようなものです。我々はかげに隠されているかもしれないけれど、あなたの知的娯楽と思索のために、明瞭な原稿をつねに作成しつづけている のです。**




プロジェクト・アバロン に寄付をお願いします :

Donate

この寄付は米国民の税免除対象にはなりません。

あなたの支援に感謝します。
あなたの支援のおかげでプロジェクト・アバロンは
しごとを続けていくことができます。

ビル・ライアン

bill@projectavalon.net


unique visits

Google+